ツライと感じている方|心が疲れたら精神科できちんと治療をしよう

心が疲れたら精神科できちんと治療をしよう

医者

ツライと感じている方

病院

心の病は現代病

精神科といえば、暗く立ち入りにくい場所といったイメージがあると思います。心を病んだ方が、拘束具をつけられ、隔離されているという感じでしょうか。しかし、現在心に何らかの疾患を持っている方は300万人といわれています。しかも、この数は治療を行っている方の数字なので、もっと多くの方が自分でも気づかずに精神疾患を患っていると言われています。さらに、ストレス社会の世界ですから、もっと精神疾患患者は増えてくると思われます。精神科での特に多い相談はうつ病、摂食障害、依存症、パニック障害、認知症など様々な症状の方が受診されます。症状の程度もバラバラです。日本では、まだまだ「精神科」と聞くと偏見を持たれやすく、その為受診もしにくい傾向にあります。そのため、最近では「神経科」「心療内科」「神経内科」と呼ばれることも多くなってきました。路面に明るくきれいな病院を開院される医師も増えてきましたので、最近ではだいぶ身近な存在になってきているのではないでしょうか。精神疾患の中でも1番多いのはうつ病です。このうつ病は「心の風邪」と呼ばれているように誰もがかかり得る病気です。精神科は特別な場所ではないと、しっかりと正しい知識を身につけ、少しでも生きづらいと感じている方がいらっしゃったら、早めの受診をお勧めします。

治療の方法

精神科ではどんな治療を行うのか不安な方も多いと思います。心の病気は、風邪などとは違い自然治癒は困難な病気です。薬もありますが、依存性が高いのであまりお勧めはしません。では、どうやって治療するかというと、カウンセリングが主になってきます。患者さんの話を聞くことによって、病の根本原因を探ります。患者自身の性格や家族構成、仕事なども重要なキーワードになります。もともと、精神疾患を患う方は真面目な性格の方が多く、頑張りすぎて自分を追い込んだ結果、発症するパターンがとても多いです。カウンセラーとよばれる方と1時間程度話します。自分の考え方や感じていることを話すだけです。話すだけで治療なのかと思う方もいらっしゃると思いますが、家族や友人にでも自分の悩みばかりを話す機会は少ないと思います。しかも、反論やアドバイスもなく、ただ黙って自分の話を聞いてもらうのです。自分の話をするというのは、思ったよりもストレス発散になります。自分の考えを整理することにも繋がります。そうすることで、今まで頑張り過ぎていた自分に気づき認めてあげることができるようになってきます。もちろん、精神科のカウンセラーには守秘義務がありますので、安心して話すことができます。